はっぴーおたくらいふ

永遠の片思い中。

ジャニーズに全く興味のなかった私がどのようにしてV6の沼に落ちたのか

はてなブログを始めて1日も経っていませんがとてつもなくはてなブログハマりそうです。

次から次へと書きたいことが出てきてどんどん更新してしまいそう、、。
1日に10回更新しそうな勢い。
段々段々、更新数が減っていくような気がしますがそこら辺は気にしない気にしない!!!

常体なのか敬体なのかどっちにしようかなんて考えています。
どっちかに統一した方がいいよねなんてどうでもいいことを考えてしまうほどハマっている、、、ハマってしまいそうなのではなくハマっているのかもしれない。


ということで本題
ジャニーズに全く興味のなかった私がどのようにしてV6の沼に落ちたのか
ジャニーズに全く興味が無かったというお話は
はてなブログを始めてみた。 - はっぴーおたくらいふ
こちらで少ししましたね。
そんな私がどのようにして沼に落ちたのか、、、。


始まりは一冊の本でした。
元々読書が好きだった私は沢山の本を読んでいました。
そんな中で有川浩さんの本をよく読んでいた時期があり、そんな時オススメされたのが図書館戦争でした。
初めはあまり読む気になりませんでした。
タイトルからしてどんな内容なのか全く想像が付かなかったし正直言うと面白くなさそうだと思ってました。(すいません💦)


しかし、読み進めてみるとめちゃくちゃ面白いではないか!!!あの時面白くなさそうだと思っていた私を殴ってやりたい。
私は有川浩さんが紡ぐあの胸キュンストーリーにどハマりしてしまったのです。

特に私が大好きになったのは堂上教官

もうたまりませんでした。全てが最高でとてつもなく大好きでした。
別冊とかもう死んじゃうじゃないですか!!!
読み終わっても余韻に浸って浸って堂上教官が私の胸の中に居続けたのです。
図書館戦争をオススメしてくれた人に感想を伝えると


映画あるから見てみて。岡田くんがすごいかっこいいから。


その言葉が私のオタクへの1歩を踏み出すきっかけになったのです。
それから私はレンタルビデオ屋さんへ行き図書館戦争を借りて見ました。
堂上教官かっこいい!!!
初めは岡田くんより岡田くんを演じている堂上教官がかっこいいと思っていました。

しかし私が図書館戦争を見た時期が24時間TVと重なっていたのです。
図書館戦争を見てからTVを付けるとなんとあの堂上教官を演じていた岡田准一が24時間TVのcmに出ているではないか。


あれ、岡田くんかっこいい


その時に初めて堂上教官を演じている岡田准一ではなく岡田准一そのものをかっこいいと思ったのです。


それから私は24時間TVの番宣を見て図書館戦争を何回も見てどんどん岡田准一を好きになっていったのです。
番宣をしていると知り新聞のTV欄を見て岡田准一が出ていないかチェックをし、出ていると知ればそれを見ていました。

その時は岡田准一にしか興味が無く他のメンバーが出ているとなんだ岡田くんじゃないんだとテンションを下げ他のメンバーは見ていませんでした。(本当に私はあの時の自分を殴り罵倒したい)


それから私は動画を漁り始めました。
岡田准一を見ようとすればもちろんV6を見ることにもなるのです。
初めは岡田くんだけを見ていました。
しかし私はいつの間にか6人をV6を見ていたのです。
これでおちた!というのはありません。

気づいたら沼に落ちていた。

そこら辺の記憶は全然無く本当にいつの間にか好きになっていたのです。
毎日のように動画を漁り気づけば私はV6の沼に落ちていたのです。


そこから私のはっぴーおたくらいふが始まりました。


あの時、図書館戦争を読んでよかった。
あの時、図書館戦争を見てよかった。
あの時、24時間TVをしていてよかった。


いろんな偶然が重なり私はV6を好きになりました。
めちゃくちゃ新規だしもっと早く魅力に気づいて好きになればよかった。
そう思うことは沢山あります。

しかし、あの時、V6の魅力に気づけてよかった。
私は心の底からそう思います。
もしかしたらいつかオタ卒する日が来るのかもしれない。
だけど、私はV6を好きになれてよかったと思うし今この瞬間V6を好きでいれて良かったと思います。


ありがとう神様!私をV6という最高のグループに出逢わせてくれてありがとう!!!!!


この言葉を胸に私は今日もジャニオタとして過ごしていくことでしょう。